辰年

令和6年2月

 

2024年は「うるう年」英語ではLEAP YEARと、いうんだそうな。

飛躍の年。また、パリオリンピックも楽しみです。

 

働き方改革もありお休みが十分にあるのは良いのだが、仕事が終わらないという副作用も。

だからと言って休みを返上して働きたくもないらしく、時間内に何とか終わらせようとするという若者たち。昭和のダラダラとは違い私は好印象をおぼえます。と、言いつつ...ずっとダラダラと仕事をしている私は一体何者でしょうね?ずっと引きこもり生活は良くない事とは思ってはいるのですが、なんともお尻が重い。ですです

 

 

 


辰年

令和6年1月

 

世界のいたるところで小競り合いが続く中、多くの人がコロナから解放されて自由に移動が出来るお正月を迎えることが出来ました。うっかりマスクを忘れても許されるそんな日々となりましたね。物価の高騰もあり生活がとても大変ですが、おめでたい日に起きた石川県の方々の惨劇にくらべれば大したことではないのでしょう。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。